平成18年6月度定例会報告

記事詳細

平成18年6月度定例会報告

投稿日:2006年6月20日(火)

開催日時 平成18年6月20日(火)17:00~
開催場所 会議所4階大会議室
参加人数 26名

6月度定例会として環境講習会を開催した。まず、理学博士の吉川友章氏より 「最新の廃棄物処理と資源・エネルギー回収の構想と技術」と題し、発泡スチロール・プラスチックのリサイクルとして油化する事例の紹介、プラズマリサイク ルガス(水素)の将来性、風力発電の現状等について、OHPやスライドを使った説明があった。

続いて、株式会社イズミの池田公幸環境事業部部長より、 発泡スチロールを溶剤でゲル化し容積を 1/50にできる「メルハッポ」のリサイクルシステムについてDVDとOHPを使っての説明があった。

参加者からは、ゲル状にする機械のスペースやゲル化したものを溶剤とリサイクル原料に処理する工場スペース・必要人員について活発な質問がなされた。

講習会終了後、講師を交えて懇親会が開催された。